Sponsor session 6 VeVe

2021年6月10-11日に開催された「Non-Fungible Tokyo2021」DAY2のセッション“スポンサーセッション6 VeVe”をレポートします。

Daniel Crothers(ダニエル・クロサー)氏
Co-found & COO at Ecomi (VeVe)

ハズブロ等、国際的なクライアントにサービスを提供する代理店など、様々なスタートアップを立ち上げ成功。最近では共同創業した米国のメディア会社で何百万人ものソーシャルフォロワーを獲得し、同数の月間ページビューを獲得した成功事例がある。2017年前半にブロックチェーン業界に参入すると、即座に潜在的な機会およびアプリケーションの利用に夢中になる。2017年にCryptoKittiesがリリースされると、ダンと共同創業者のデイビッドはコレクター業界の新しいカテゴリーになると考え、 VeVeの開発に着手した。

コレクティブル市場の未来を担うVeVe

皆さん、こんにちは。私の名前は、Daniel Crothersです。 私はVeVeの共同創業者です。

VeVeとは、ファンにこよなく愛される現実世界のコレクションをデジタル空間にもたらすものです。私たちはこれをコレクティング 2.0と呼んでおり、NFT業界において巨大なコレクティブル市場の未来を担うようになると信じています。

コレクティブル業界が変化していることを、ご存知でしょうか?

現在すでに多くのユーザーが、デジタルグッズや暗号資産を購入しています。そして、この業界は2025年末には1,550億ドル規模に達すると予想されています。2019年には、すでに550億ドルから600億ドルがデジタルグッズの購入に使用されたことがわかっています。デジタル・コレクティブルNFTは、まさにこの市場のために存在するといえます。

私たちは、NFTに関連する所有権に裏付けられたデジタル・コレクティブルを販売しています。現在、あらゆる種類のデジタル・コレクティブルをユーザーに提供しており、また3Dモデルにもフォーカスしています。

スライドでご覧頂いているように、これはDCコミックスのバットマン・ナンバー100の美しいモデルで、非常に高い解像度を持っている限定版です。インタラクティブな操作が可能で、アップグレードもできます。そして最も重要なのは、ブロックチェーンを使用することでデジタル所有権が保護されている点です。

VeVeは設立されてから、まもなく3年になります。長い時間をかけて製品を開発し、ファンやコレクターが本当の意味で共感できるようにしてきました。私自身もコレクターであり、私のビジネスパートナーはそのコレクションでもあります。私たちはこの業界で、ユーザーに本当にハイクオリティーなコレクティブル体験を提供したいと思っています。

VeVe高評価の理由とは?

VeVeアプリは、2021年1月にローンチされ、それ以来約30万人のユーザーにご登録いただいています。50万2,000以上のデジタル・コレクティブルを販売し、約2,500万ドルの収益を上げています。

世界中には、数多くのブランドが存在します。ご覧になった方も多いと思いますが、真ん中にはウルトラマンのロゴがあります。ウルトラマンの大ファンという私たちの哲学はファンにすでに知られており、その愛されているデジタル・コレクティブル・アイテムやNFTを提供しています。だからこそ私たちは多くの時間をかけて、現在100以上のブランドとパートナー契約を進めています。これらのブランドは、今後VeVeアプリに追加される予定です。

1年~2年の歳月をかけ、2021年1月にローンチしたアプリは、世界中のユーザーから非常に高い評価を得ています。そして今、アプリストアのエンターテインメント部門でランキングに入っています。アメリカでは4位、カナダでは3位、イギリスでは3位、オーストラリアでは3位と、ファンの皆さんから非常に高い評価をいただいています。そして私たちの提供する体験がファンの皆さんに本当に楽しんでいただいているからこそ、4.5以上の星評価を得ているのです。

VeVeを実際に体験してみよう!

VeVeプロダクトの主要な機能は、バットマンやウルトラマンなどお気に入りのスーパーヒーローをAR(拡張現実)の中に入れて、写真や動画を撮影できることです。

ここでは、ファンが撮影した素晴らしいAR写真の例をご覧いただき、この体験から得られる大きな楽しさをご紹介します。1月のローンチ以来、これまでに8万枚以上のAR写真が撮影され、アプリ上で共有されています。

これはファンの皆さんが商品やブランドに興味を持っていただくのに役立つ、素晴らしい方法です。また、ソーシャル上でブランドをプロモーションしていくのにも役立っています。実際にはプロモーションはファンによって行われ、それがVeVeには大きなチャンスとなり、ユーザーは非常に楽しい体験をすることができます。

コレクターである私たちにとっては、現実世界にすでに存在するもの、ファンがすでに知っていて愛しているものをデジタル環境に持ち込むことが最も重要でした。このアイデアは、現実世界で面白いものをコレクションする感情的な動機を、デジタル空間でも実現できるようにしたいという考えから生まれたものです。つまり、あなたは本当に良いデジタル・コレクティブルな体験というものを知ることになります。

このアプリは5つのメインセクションタブに分かれており、タブは下部に表示されています。
タブはストア、コレクション、フィード、マーケット、ユーザープロフィールの5つです。

ストアでは、コンテンツをユーザーに直接販売します。すべてが限定品です。例えば、このウルトラマンは約5,000個ありましたが、完売しました。

下にスクロールしていくと、過去に購入したもの、気に入ったもの、シェアしたものなどに基づいてユーザーの好みをアプリが判断し、コンテンツを表示します。

最新のドロップセクションには、私たちが公開している最新のブランドがすべて表示されます。そして、これらのブランドのいずれかをタップすると、そのシリーズの販売されているコレクティブル商品を確認することができます。

コレクションが現実世界に!コレクター心をくすぐる仕様

こちらはDCコミックスのDCカップルですが、メラ、スーパーガール、キャットウーマン、バットガールの4つのコレクティブル・アイテムがあります。これらのデジタル・コレクティブルやNFTのどれか1つをタップすることで、グッズの詳細を確認することができます。「いいね」、「コメント」、「ブックマーク」、「共有」をすることができます。

さらに下にスクロールすると、特定のコレクティブルに関する詳細が表示され、利用可能なエディション数やVeVeの中でのレア度を確認することができます。レア度には5つのレベルがあり、コモン、アンコモン、レア、ウルトラレア、シークレットレアです。

このように、ストアはとてもシンプルです。ユーザーは基本的に、私たちが提供するすべてのブランドとすべてのシリーズを確認して購入することができます。

ユーザーがコレクションを所有すると、コレクションタブに表示されるようになります。上部にはバーチャルショールームが、下にスクロールすると所有しているすべてのコレクションが表示され、コレクションをタップすると購入した3Dモデルが表示されます。

「Batman who laughs」というモデルは非常にハイディテールで、どの角度からでもズームすることができます。いつでも好きな時に写真や動画を撮ることができ、ユーザーはソーシャルで共有することができます。

ARボタンをタップすると、そのコレクションを現実世界にドロップすることもできます。拡大したり、その周りを動き回ったり、回転させたり、移動させたりすることもできます。また、いつでも写真や動画を撮影して、ソーシャルチャンネルで共有することもできます。

つまり、コレクション自体を使用して様々なことができ、現実世界でコレクションを扱うのと同じような感覚で見ることができます。デジタルグッズやNFTを現実の世界に置いておくことで、ファンの皆さんは、現実世界のグッズを購入するのと同じようにコレクションと関わり、交流することができるのです。

コレクターにとって本当に重要なことの一つは、自分が所有しているコレクションを展示できることです。私の知り合いのコレクターは、みんな自宅にコレクション可能な設備を持っており、それを見せるのが大好きです。これはコレクションにおいて重要な要素です。

このバーチャルショールームでは、すべてのユーザーが購入したコレクションを好きな場所に設置したり、自由にフルカスタマイズして、コレクションをタップして移動させたりすることもできます。拡大や縮小、回転させるなどして自分用にカスタマイズすることもできるのです。バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンも、ドアを開けたり移動させたりすることができます。

ショールームのアイデアは、ユーザーが現実世界と同じ体験をできるようにすることから生まれています。ファンの方々は、毎週何時間もショールームで過ごし装飾を施しています。

このアプリの3つ目のタブは、ソーシャルフィードです。ファンやコレクターは、一番人気のアイテムや超レアなアイテムを手に入れたりすると、それを自慢したくなるものです。それをフィードでアピールするのです。

セカンダリー・マーケットが重要。選べる2種類の販売方法

フィードを下にスクロールすると、セカンダリー・マーケットで持っているコレクティブル・アイテムを販売しているユーザーがいることがわかります。このユーザーは自分のショールームを共有しているため、他の人が見ることができるようになっています。フィードにはブランドの広告が表示されています。

さらにもう少し下がると、ユーザーが作成したコンテンツがあります。ここでは、誰かがバットガールの素晴らしいAR写真を撮影してフィードで紹介しています。フィードは、ファンが交流したり、アイテムを販売したり、写真を共有したり、ディスカッションに参加したりするためのコミュニティの中心的な役割を果たしています。

そして次のステップは、セカンダリー・マーケットです。これはコレクティブル業界にとって非常に重要なことで、ユーザーは購入した個々のコレクションを販売することができるのです。

ユーザーが選択できる販売方法は、2つあります。

1つ目の方法は、「今すぐ販売する」ことです。つまり、今すぐ50ドルで販売することもできますし、オークションに出して、最も高い価格で販売することもできます。

2つ目の方法は、「ストア」です。ストアは閲覧するだけの非常にシンプルな機能で、ユーザーは表示されているすべてのリストを閲覧することができます。

ご覧の通り、セカンダリー・マーケットには4万件以上のリストがあり、1月以降半年弱で約1,500万から2,000万の収益を上げています。セカンダリー・マーケットの取引収入では、ピクセル販売されたアイテムを得ることで、セカンダリー・マーケットに参加する機会を得ることができるのです。

最後に、最近の販売事例をいくつか紹介すると、バットマンのモノクロモデルは1万9,000枚の追加となり、20分以内に完売しました。CRYPTKINSも同様に7万7,000枚の追加分が20分で完売、ウルトラマンの作品も同様に20分で完売しています。

NFT関連の求人はこちら

https://withb.co.jp/tag/nft/

Web掲載のない非公開求人もございます。詳細は以下の転職相談よりお問い合わせください。