【第3回合同説明会】株式会社bitFlyer

11月24日(土)に、「第3回 仮想通貨・ブロックチェーン業界合同企業説明会」を開催しました!

今回は、出展企業の中から株式会社bitFlyer様のレポートをお届けします。

 

人事部 人事企画/採用広報の大城 達矢 氏のスピーチ。

相談ブースの様子も交えながら、スピーチを抜粋します!

bitFlyerは仮想通貨取引所としてのイメージが強いかと思いますが、『ブロックチェーンで世界を簡単に』というミッションを掲げており、仮想通貨だけでなくブロックチェーン技術にコミットしている企業です。

ヘッドクオーターは日本で、他にもEU/US/シンガポールに拠点を構えています。

 

 

エンジニアファーストな会社であり、『競技プログラムの日本代表』『文部科学省が認定する未踏クリエイターの採択者』『急成長企業の立ち上げ参画者』といった豊かな人材が揃っています。

2016年末に全社員30名ほどだったところから、現在では社員だけで100名を超えてきています。

なお、現在はエンジニアの3〜4割が外国籍であり、公用語も半分近くが英語になってきているため、非常にグローバルでダイバーシティな環境を構築しています。

 

“bitFlyer Lightning”によるトレーディング環境や、”bitWire SHOP”によるリアル店舗決済の導入をはじめとして、様々な面で、世の中に仮想通貨を浸透させていくための活動をしています。

“miyabi”は独自開発のプライベートブロックチェーンであり、2016年末には複数の大手企業と並び、全国銀行協会のパートナーベンダーに選ばれました。早期からブロックチェーンの研究開発と実証実験で成果を挙げてきており、今でも相当数の実証実験を水面下で進めています。

 

仮想通貨はブロックチェーンの中のごく一部であって、これからまだまだ新しいユースケースを生み出していくために、技術とビジネスの両面でR&Dを進めていきたいです。

 

大城氏からは以上のように語られ、多くの来場者の興味を惹きつけました。
また、個別相談ブースもイベントオープン当初からイベント終了時まで終始人が途切れることなく、参加企業の中でも圧倒的な注目度でした。

 


第4回合同企業説明会は2019年春頃に開催予定です。

開催日時や出展企業の情報がいち早くキャッチできるメルマガにぜひご登録ください!

メルマガに登録頂くと、合同企業説明会の開催情報だけではなく、業界の著名人やトップレベルのエンジニア、魅力的な経営者と出会えるイベントの情報も最初に手に入ります。

ご案内はこちらから

https://withb.co.jp/mailmagazine/