株式会社メルコイン

リーガルスペシャリスト

全てはミッションの達成のために


メルカリは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションに掲げる日本発の企業です。2013年の創業以降、ミッションの達成に向かって挑戦してきたメルカリは今、スタートアップから「世界に通用する企業」へと変化する挑戦の真っ只中にいます。今の成長フェーズでしか向き合えない価値ある課題を一つひとつ解決することが、必ずミッションの達成につながると信じて、メルカリは歩み続けています。私たちと一緒に、このミッションに挑戦してみませんか?


私たちのカルチャー


メルカリには、創業当時から大切にしているカルチャーがあります。「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be a Pro(プロフェッショナルであれ)」という3つのバリュー。そして、信頼し合うことを前提に、情報の透明性を保ち、過度な社内ルールを設けないなどのカルチャーを育む「Trust & Openness」。これらは、どんなに組織規模が拡大したとしても、メルカリがミッションを達成するために必要不可欠な要素であり、守り続けたいカルチャーであると考えています。


株式会社メルコイン / リーガルスペシャリストの求人情報

仕事内容【メルコインとは】
メルコインでは、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行っていきます。

暗号資産事業に取り組むことで、「メルカリ」においては、売上金のビットコインでの受取り機能の提供や、「メルペイ・メルコイン」においても決済・送金機能の提供に留まらず、与信、暗号資産・資産運用の機能を一つのウォレットで提供していく等、より簡単に金融サービスを利用できる環境を構築します。

さらに、価値交換を実現するブロックチェーンの技術に取り組むことで、NFT(Non-fungible token)等、これまでのモノ・お金に限らず、サービスやデジタルコンテンツなどのあらゆる価値を誰もが簡単に交換できる新しい取引の形を創出していきます。

2021年4月28日、メルカリグループは株式会社メルコインを設立しました。メルコインとは、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発をする新会社です。暗号資産事業に取り組むことで、フリマアプリ「メルカリ」においては、売上金をビットコインで受け取る機能の提供、スマホ決済サービス「メルペイ」においては決済・送金機能の提供に留まらず、与信、暗号資産・資産運用の機能を一つのウォレットで提供していくなど、より簡単に金融サービスを利用できる環境を構築していきます。

さらに、価値交換を実現するブロックチェーンの技術に取り組むことで、NFT(Non-fungible token)をはじめ、これまでのモノ・お金に限らず、サービスやデジタルコンテンツなどのあらゆる価値を誰もが簡単に交換できる新しい取引の形を創出していきます。

そのなかで、メルコインリーガルチームは法務面からメルコインの事業成長を推進することをミッションに掲げてているチームです。リーガルチームと他チーム/プロダクトチームとの間には垣根がなく、近い距離で日常的にディスカッションし、一体感を持って一緒にメルコインの事業を創り上げています。特にメルコインは設立間もない会社であり、メルカリグループのなかで事業の立ち上げフェーズを経験できる貴重な環境です。暗号資産・NFTという旬な事業を行う会社で、リーガルチーム自体の立ち上げから、新規事業の立ち上げに関われる経験を味わえるのも醍醐味のひとつです。さらに、暗号資産・NFT領域におけるリーガルチームの役割は、暗号資産交換業者としての体制構築はもちろん、プロダクトやお客様体験のデザインを法的な面から支援していく、とてもチャレンジングな仕事であり、各自が裁量を持ち、スピード感をもって主体的に活躍できる場であることもメルコインの強みだと考えています。

メルコインの事業を支えると同時に、社内の多様なメンバーと協働し、コミュニケーションを取り、クリエイティブな発想でサービスをサポートしています。メルコインのプロダクトをお客様に提供する当事者意識を持ち、業務を推進していただける方のご応募をお待ちしています。具体的な業務は以下の通りです。

・プロダクト・サービスに関するスキーム検討・法的論点の検討、利用規約等の作成など
・社外パートナーシップ:業務提携契約、ライセンス契約等のドラフト・レビュー、交渉その他締結の支援
・金融関係の各種規制法(金融商品取引法、資金決済法など)、個人情報保護法、その他IT関連法等の各種規制(自主規制を含む)に対応するための体制の整備・運用の対応
・その他各事業ユニットのプロダクト・サービスに関する法的課題(著作権法、景表法等)の解決

【大胆なチャレンジ】
大胆なチャレンジ
暗号資産・NFT領域という規制がまだ新しく運用が固まっていない領域や、明確な規制がない領域において、事業の立ち上げフェーズを経験できるため、その領域におけるリーガルプラクティスを関係省庁や各種団体と連携しながら、自ら切り開いていくことができるチャレンジングな環境をご提供できます。
メルカリグループのなかにありながら、設立したばかりのメルコインにおいて、リーガルチームの立ち上げ、新規事業の立ち上げ、暗号資産交換業としての体制構築に一から携われるフェーズにあります。
プロダクトやサービスもこれからリリースされるフェーズであるため、プロダクトやお客様体験のデザインを法的な側面から支援し、一緒につくりあげていく経験ができます。 
雇用形態正社員  
給与・年俸制、年俸の12分の1を毎月支給
・スキル・経験・能力に応じて決定いたします
・毎年2回見直し
おすすめ年齢20代30代40代50代以上
待遇・各種社会保険完備
・インセンティブ制度
・社員の家族を含めた支援制度
・語学学習のサポート
・翻訳と通訳のサポート
・試用期間:入社後3ヶ月(本採用と同条件)

受動喫煙防止措置に対する事項:屋内禁煙
休日・休暇・完全週休2日制(祝祭日、年末年始 等)
・有給休暇、慶弔休暇、リラックス休暇、Sick Leave
勤務時間所定労働時間:10:00~19:00

現在、COVID-19の感染拡大を受け、働く時間帯の選択肢を増やし、より柔軟的な働き方ができるよう、コアタイムがないフルフレックス制度を導入しています ※一部職種を除く
必須スキル・経験・メルカリ・メルペイのミッションとバリューに共感していること
・企業法務への従事経験:概ね5年以上
歓迎スキル・経験・暗号資産・blockchain分野への強い興味があり、その分野におけるリーガル業務の経験がある方
・金融事業におけるリーガル業務の経験(特に暗号資産交換業/FX事業/証券業)がある方
・NFT(Non-fungible token)分野への強い興味があり、デジタルコンテンツの販売等におけるリーガル業務の経験がある方
・スポーツ、アート、ゲーム、クラウドファンディングいずれかの分野における知見や経験がある方
・著作権、ライセンス契約などの知的財産権関連分野におけるリーガル業務の経験がある方
・メルカリグループの事業に関係の深い法律・規制、関係省庁や各種団体とのコミュニケーションに関する知識や経験がある方

その他【選考のポイント】
・メルカリ/メルペイ・メルコインのミッションとバリューへの強い共感
・オーナーシップを持って業務に励み、ベストを尽くすための努力を惜しまない方
・大胆にチャレンジし、多くの失敗から学べる、向上心の高い方
・チームのために、自ら考え、自ら動き、率先して成功のために行動できる方
・経営層から現場のメンバーまで、多種多様な役割やバックグラウンドを持つメンバーとに綿密に連携しながら進行できる方
・意見の提示に留まらず、自ら責任をもってExecutionをすることができる方

【語学力】
英語:Independent (CEFR - B2) 歓迎
日本語:Proficient (CEFR - C1) 必須

株式会社メルコインの企業情報

企業名株式会社メルコイン
住所〒106-6118
東京都港区六本木六丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー
アクセス東京メトロ日比谷線 「六本木駅」1C出口 徒歩3分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線 「六本木駅」3出口 徒歩6分
都営地下鉄大江戸線 「麻布十番駅」7出口 徒歩9分
東京メトロ南北線 「麻布十番駅」4出口 徒歩12分
東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」5出口 徒歩10分
URLhttps://www.mercoin.jp/
企業概要【全てはミッションの達成のために】

メルカリは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションに掲げる日本発の企業です。2013年の創業以降、ミッションの達成に向かって挑戦してきたメルカリは今、スタートアップから「世界に通用する企業」へと変化する挑戦の真っ只中にいます。今の成長フェーズでしか向き合えない価値ある課題を一つひとつ解決することが、必ずミッションの達成につながると信じて、メルカリは歩み続けています。私たちと一緒に、このミッションに挑戦してみませんか?

【私たちのカルチャー】

メルカリには、創業当時から大切にしているカルチャーがあります。「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be a Pro(プロフェッショナルであれ)」という3つのバリュー。そして、信頼し合うことを前提に、情報の透明性を保ち、過度な社内ルールを設けないなどのカルチャーを育む「Trust & Openness」。これらは、どんなに組織規模が拡大したとしても、メルカリがミッションを達成するために必要不可欠な要素であり、守り続けたいカルチャーであると考えています。